ホーム学校生活と行事在校生・卒業生のメッセージ

学校生活と行事

在校生・卒業生のメッセージ

在校生のメッセージ

憧れの歯科衛生士を目指して
F・Tさん
 私が歯科衛生士になりたいと決めたのは高校生の時でした。私は医療関係のお仕事に憧れていて、小学生から高校生になるまでは看護師やヘルパーを目指していましたが、高校生になり色々な職業を調べていた時に歯科衛生士の存在を知って興味を持ちました。それから母とも相談し歯科衛生士を目指すことを決めました。歯科衛生士を目指す上で、通う学校に悩んでいた時、知り合いの歯科医院の先生にお勧めの学校を聞いたところ、この学校を勧められました。そして、オープンキャンパスに参加して先生と生徒の距離がとても近く質問や相談がしやすい環境なんだなと思い、この学校を選びました。入学してからは、勉強や実習など難しいことや大変なこともありますが、友達と休み時間にお話ししたり、放課後はご飯を食べに行ったりと充実した日々を過ごしています。学年が上がり専門的な内容も増え、覚えることがたくさんありますが、「この学年で卒業したい!」という気持ちと、友人同士の励まし合いで毎日頑張ることが出来ています。これからも夢に向かって日々勉強を頑張りたいと思います。
人の健康を守るために
S・Kさん
 私が歯科衛生士になりたいと思ったのは高校生の頃です。友人と進路について話しているときに、歯科衛生士という職業を初めて知りました。私はこれまで歯医者さんとはほとんど無縁だったのですが、調べるうちに歯科衛生士という職業の安定性や将来性、一生物の歯を守るということに魅力を感じ興味を持ちました。そして、この学校のオープンキャンパスに参加しました。オープンキャンパスでの学校の明るい雰囲気や国家試験合格率100%という実績からこの学校に入学したいと思いました。入学してからは、高校の頃までと全く違う勉強内容に戸惑うこともたくさんありましたが、優しいクラスメイトや先生方が親身に教えてくださるおかげで充実した学校生活を送れています。歯科衛生士は、全身に影響を与える歯を守るお仕事で、高齢化が進んでいる日本ではとても重要な役割を担っています。また、審美面でも歯に対する人々の関心は高まってきており、これからもっと活躍の場が広がっていくと思うので、「絶対国家試験に合格するぞ!」という気持ちで卒業まで頑張りたいと思います。
ずっと輝ける職業
H・Sさん
  私が歯科衛生士を目指したきっかけは、幼い頃から定期健診や矯正治療で歯科医院に通っており歯科衛生士さんを身近に感じていたことです。
 高校で進路を決める時期に、気になっていた歯科衛生士の仕事についてたくさん調べました。国家資格であり、女性がいつまでも輝いて働ける仕事であることを知りとても魅力を感じました。
 この学校に決めた理由はオープンキャンパスに参加した際に先輩方に実習の内容やどのように学校生活を送っているのかなど、この学校の魅力をたくさん話していただき自分が通っているイメージができたからです。
 入学してからは、実習や学校行事を通して他学年との交流があったり、放課後は友人と買い物に行ったりと充実した日々を過ごしています。
 また、この学校は先生方が学生一人一人に対して親身になって勉強を教えて下さいます。
 国家試験に向けての勉強は大変ですが、同じ夢を持つ仲間と互いに鼓舞し合いながら、患者さんに寄り添える歯科衛生士を目指して頑張りたいと思います。
将来の夢のために
A・Hさん
 私が歯科衛生士を目指すようになったのは高校生の頃です。私の家族は医療従事者が多いので自分も人を助ける仕事がしたいと思うようになりました。私は農業高校で食べることの大切さを学び、それを支えるには健康な歯が必要であることに気づきました。そして、お口の健康を守る仕事に興味を持ち、本校のオープンキャンパスに参加しました。
 オープンキャンパスでは歯科衛生士の仕事を体験したり、先輩から実際の学校生活の話を聞いたりして、先輩のような歯科衛生士になりたいと思いました。また、学生と先生との信頼関係が築かれていることを知り、私もこの学校で学びたいと思い入学を決めました。
 入学した当初は、友達ができるのか、授業についていけるのか不安でしたが、今では先生や友達と勉強を頑張っています。臨地実習では実際に治療をする場面をたくさん見学したり補助したりしながら経験を積みます。実習をするにつれて歯科衛生士になりたい気持ちが強くなるのを日々感じています。歯科衛生士という仕事は国家資格なのでこれから大変なこともあるかと思いますが、みんなで合格できるように頑張っていきたいと思います。

卒業生のメッセージ

“歯科衛生士”になってよかった
大学病院勤務 A・Tさん
 私が歯科衛生士になろうと思ったきっかけは、高校の先生から「歯科衛生士に向いている」と助言していただいたことでした。はじめは歯科衛生士という職業をよく知りませんでしたが、当校で歯科衛生士の役割について毎日楽しくワクワク学ぶことができました。
 卒後、一般歯科を経験したあと大学病院に勤務しました。近年、口腔と全身の関連性が注目されており、医科と歯科が連携して患者さんを診察し早期回復に努めています。歯科衛生士のニーズがますます高まるなかで、さらに貢献したいと考え、専門領域の認定資格を取得するだけでなく、現在九州大学社会人大学院へ進学して研究を行っています。まだまだ歯科衛生士としてやりたい事がたくさんあります。患者さんの健康をしっかりサポートできるように、これからも楽しみながら学んでいきます。
歯科衛生士の魅力
一般歯科医院勤務 A・Mさん
 本校を卒業し、10数年が経ちました。歯科医院で長年勤務し続けることができたのは、歯科衛生士はとてもやりがいがあり、魅力的な職業であるからだと思います。小さなお子さんからご高齢の方まで幅広い世代の方々のお口の健康を守るという、とても責任感のある仕事でもあります。学生時代は長時間の講義や長期間に渡る実習が大変で、心折れそうになることもありましたが、日々の診療の中で、本校で得た知識や技術が患者さんのお 役に立ち、喜んで頂けた時は、歯科衛生士になってよかったと感じます。また、歯科予防処置による口腔保健の向上に対する社会的なニーズが高まっている現代において、口腔健康管理のスペシャリストである歯科衛生士の存在が欠かせません。これからも患者さんに寄り添い、生涯お口の健康を守るための的確な保健指導やアドバイスが出来るよう、日々勉強を重ね、成長していきたいと思います。
将来の夢
一般歯科医院勤務 M・Kさん
 幼い頃私は歯医者さんに行くのが好きでした。いつも優しい先生達、面白い器具もたくさんあり、私は物心ついた頃から将来の夢は歯科医院で働くことでした。国家試験に合格し、夢だった歯科医院に就職し驚いたことの一つに歯医者が嫌いな方が多いことでした。すごく怖がりの方や痛がりの方様々いらっしゃいます。最初は硬い表情で口数が少なかった方も次第に口数も増え、「全然痛くなかった。」「気持ちよかった。」「歯医者に来るの楽しみなんです。」と笑顔で言ってもらえたとき、本当にこの職についてよかったと思えたとともに凄くやりがいも感じました。
 私が勤める歯科医院では、0歳児から90代の方まで来院されます。幅広い年齢の方々と接する上でコミュニケーションをとることがいかに大切かということを実感しています。忙しい診療の中でも患者様に寄り添えるような歯科衛生士になれるように日々精進していきたいです。
好きな仕事が出来る幸せ
一般歯科医院勤務 T・Nさん
 「『歯科衛生士』という職業があるんだけど専門学校に行ってみないか。」小学校から矯正治療をしてくださった大学病院の先生からの言葉がきっかけとなり、これまで経験してきた歯科治療に対する痛みや悩みが役に立てばとこの仕事を選び数十年。患者さんから「痛くなくなった。」「美味しく食事ができるようになった。」「ありがとう。」と目と目を合わせて言っていただく度に自分自身も喜びや元気をもらっていることを実感しています。フリーランスになってたくさんの方々と出会い、好きな仕事が出来ることに感謝する日々。ある日、娘が「ママがず〜っとお仕事できるように歯医者さんの先生になる!」と嬉しいことを言ってくれました。
憧れだった歯科衛生士
一般歯科医院勤務 S・Yさん
 私は小さい頃から歯医者に行くことが好きで、器具や機械を触ってみたいと思ったのがきっかけで歯科衛生士を目指しました。
 歯科衛生士になって3年が経ちます。最初は患者さんとコミュニケーションを取るのが難しく、失敗することや出来ないことが多くて落ち込むこともありました。今は、まだまだ未熟ではありますが日々の診療でのアシストやメンテナンスなどもようやく慣れてきました。
 患者さんのお口の状態が良くなったり、色々なお話を聞かせてもらったり「気持ちよかった、またあなたにお願いしたいです。」と言葉をかけていただくたびにとてもやりがいを感じます。お口の健康と身体の健康は、関連していると言われています。そのため、患者さんにお口の大切さを理解していただけるように伝えていくことや、お口の中の健康を守っていくことが出来るようこれからも勉強し努力していきたいです。
歯科衛生士の重要さ
一般歯科医院勤務 N・Aさん
 歯科衛生士になり7年。働き始めは自分にできることを必死にこなしていく毎日でした。その毎日の積み重ねと学生時代に学んだことを復習し、ようやく周りを見て、先を読んで行動できるようになりました。そして自分に余裕も出てきました。
 最近は、8020運動を気にかけ、1本でも多く歯を残そうと思っている患者さんが増えてきました。
 そこでわたしたち歯科衛生士が実際に口の中を見て、患者さんにどのような口腔ケアや保健指導をすべきか考え、サポートしていくことが重要になってきます。うまく伝わらず悔しい思いをすることもありますが、さまざまな症例に目を向け日々勉強です。
 歯の大切さをしっかり伝え、1人ひとりの歯を守っていけるような歯科衛生士へと成長していきたいです。
Page Top